本文へスキップ
ドライバーはシャフトが長い分ボールをスクエアに捕らえることが難しいクラブです。そのため苦手にしている人も多いのではないでしょうか。
そんなドライバーの苦手意識を克服するために役立つポイントとして"利き目"が有効なのをご存知でしょうか。
自分の利き目をチェックして、ドライバーショット時の意識改革をしましょう。


まずは自分の利き目をチェックしよう
スコアメイクをする上でドライバーショットが安定することは大きなポイントになります。
第一打が失敗すると、リカバリーしようとそのまま無理なショットにトライし、結局ミスを重ねてスコアを大きく崩しかねないからです。
ドライバーショットで大きく失敗しないためにもミート率を上げる必要がありますが、そのポイントとして"利き目"が有効なことをご存知でしょうか。
意外と知られていませんが、自分の利き目を知ることはゴルフ上達のために非常に役立つのです。利き目のチェックの仕方ですが、(どちらの手でも構わないので)親指と人差し指で丸い円をつくり、その円を目から30センチくらい離したところに置きます。(軽く手を伸ばしたくらいでOKです。)円から目標物が見えたら、片目ずつ目をつぶってみます。
片目の状態で目標物が円の中み見えた方が利き目になります。


利き目によって意識するポイントが違う
では、自分の利き目が分かったところで次のステップです。
まず利き目が""の人ですが、「右手のヒラ」を意識します。
右手のヒラをドライバーのフェースと見立ててグリップし、そこを意識しながらスイングしてみましょう。そうするとインパクトをスクエアに保つのが簡単になります。
「右手のヒラでボールを打つイメージ」が大切です。利き目が""の人は「左手の甲」を意識してみて下さい。インパクトした時に左手の甲がボールに対してスクエアになるようにスイングすると、やはりミート率を上げることができます。
利き目によって意識する場所を変えるのは、目と手の間隔がより近くなるようにするためです。体に近い部分を意識する方がフェースの向きをコントロールしやすくなるため、よりミート率をあげることに役立つのです。
ドライバーショットが難しいのは、自分で動かす手とボールの間にクラブの長いシャフトが付いていることが大きな理由ですから、より自分の体に近い所(=手)を意識することでスイングがかなりしやすくなるはずです。


スイング中に意識すべきところはクラブヘッドではない
もうみなさんお分かりだと思いますが、インパクトでフェースをスクエアにしようという意識が強すぎて、スイング中にクラブヘッドを意識してはいけません。
クラブヘッドは自分の体から一番遠いところにある分けですから、その分コントロールが難しくなってしまいます。クラブヘッドよりも自分の手で打つイメージを持ちましょう。
インパクトでアドレスポジションに戻す意識を持つことでワキが自然と締まり、スクエアなインパクトをすることができるようになります。


 
1 基本をマスター
2 グリップの握り方
3 アドレス
4 バックスイング
5 トップスイング
6 ダウンスイング
7 インパクト
8 フィニッシュ
 
 9 セットアップ 
10 効き目を有効に
11 曲げない打法
12 左肩のポイント
 13 アドレス・テークバック
14 調子が悪い時
 
15 アドレス
16 体重移動・腰の回転
17 制度上げの打法
18 斜面のショット
19 アプローチショット
20 バンカーショット
 
21 パッティング
22 プロのコツ
 
 23 自宅での練習
 24 シーズンオフの練習
 25 女性の練習
 26 40代以上の練習
 27 体型別(中肉中背) 
 28 体型別(背高・低い人)
 29 トップを直す
 30 シャンクを直す
 31 振り遅れを直す
 32 スライスの矯正 
 33 フォーム・姿勢
 34 ボールが高く上がりすぎ 
 35 正しいスイングテンポ