本文へスキップ
ドライバーショットが苦手な(嫌いな)理由のひとつとして、やはり曲がりやすいことが挙げられるでしょう。「ドライバー=遠くに飛ばす」という意識で自分のスイングが乱れていなかしっかりチェックして、曲げない打ち方のポイントをぜひ実践してみて下さい。

トップスイングでの手の位置を再確認しよう
手とクラブとの一体感を強めてミート率を上げるためには、トップスイングの手の位置を必要最小限の高さに抑えることが重要なポイントです。
ドライバーショットではどうしても遠くに飛ばそうという意識が出るためスイングも必要以上に大きくなりがちです。
トップスイングでの手の位置が高くなればなるほどスクエアなインパクトが難しくなりますから、ミート率を上げるために必要なトップスイングでの手の位置を覚えておきましょう。バックスイングに入り、アドレス時から肩が90度くらい回ったら、右耳の横あたりにグリップした手が来ているはずです。
実はバックスイングはこの程度手を振り上げれば十分なのです。それ以上無理にトップを持っていく必要はありません。よく「左肩を右ひざの下まで回転させよ」というアドバイスを聞くと思いますが、もちろんそれは理想なのですが、体が硬くて窮屈に感じる人は左肩はアゴの下に入っていれば十分です。
実際に意識してやってもらえれば分かると思うのですが、左肩がアゴの下に入っていれば、トップに必要な90度の回転はすでに出来ているのです。
もちろん最終的には「左肩を右ひざの下まで回転させる」ことを目指して欲しいのですが、慣れるまではコンパクトなトップスイングで練習することをおすすめします。


トップからインパクトまで目線を向きを変えずに打つ
バックスイングで体を回してトップまで来たら、その時の目線の向きをインパクトまで変えない意識でスイングすることが、ボールを曲げずに打つための重要なポイントになります。ここを意識してスイングすれば、腰を回しても上体がしっかり残るので右肩が前に突っ込むこともなくなり、スイング軌道もインサイドアウトになりやすいのでナイスショットの確率がグンと上がります。
ミスショットしてしまう時は、目線の向きが定まっていないことで上体が開いたり体が突っ込んだ上体でスイングしてしまっていることが多いことに気が付くと思います。遠くに飛ばしたいと思えば思うほどスイングが大きくなり右肩が突っ込みやすくなってしまいますが、真っ直ぐ飛ばすためにはトップスイングはコンパクトに、そして目線の向きを一定に保つ意識で上体を残すことが非常に重要ですので覚えておきましょう。
理想的なインパクトのためにはこれらの条件は欠かせません。


インパクト後もクラブヘッドを真っ直ぐ出すイメージで
ボールを真っ直ぐ飛ばすには、インパクトした後も重要です。ボールの50センチ先にもボールがあるつもりで、クラブヘッドを真っ直ぐ振り抜いてみて下さい。インパクトした後も打ったボールを押し続けるイメージです。
このようなスイングをすることでインパクトゾーンが広くなり、ボールを押し出す力が加わりますので方向性が安定して真っ直ぐボールが飛びやすくなります。
この時注意したいのは、左ワキをしっかり閉めて腕と体を一体にしてフォロースイングをすることです。ワキが開いた状態ではヘッドを真っ直ぐ出すことができずに、結果的にボールが曲がってしまいます。


 
1 基本をマスター
2 グリップの握り方
3 アドレス
4 バックスイング
5 トップスイング
6 ダウンスイング
7 インパクト
8 フィニッシュ
 
 9 セットアップ 
10 効き目を有効に
11 曲げない打法
12 左肩のポイント
 13 アドレス・テークバック
14 調子が悪い時
 
15 アドレス
16 体重移動・腰の回転
17 制度上げの打法
18 斜面のショット
19 アプローチショット
20 バンカーショット
 
21 パッティング
22 プロのコツ
 
 23 自宅での練習
 24 シーズンオフの練習
 25 女性の練習
 26 40代以上の練習
 27 体型別(中肉中背) 
 28 体型別(背高・低い人)
 29 トップを直す
 30 シャンクを直す
 31 振り遅れを直す
 32 スライスの矯正 
 33 フォーム・姿勢
 34 ボールが高く上がりすぎ 
 35 正しいスイングテンポ