本文へスキップ
ドライバーショットが右へ左へ・・・こういった経験は誰にでもあるはず。
スライスやフックが出てしまう原因のひとつに「肩が回っていないこと」が考えられます。肩を回さずに腕の力でクラブを振ったり、逆に確実に打とうとしすぎて手先だけで振ってしまったりと、これらはすべてミスショットの大きな原因となります。
肩をしっかり回すことがナイスショットへの近道です。


をうまく使わずしてナイスショットなし!
ドライバーは他のクラブと比べてシャフトが長い分、しっかりインパクトすることが難しい。そのため、ついつい手先でスイング軌道を調整しがち。
もちろん手先だけのスイングはナイスショットになりません。毎回スイングプレーンを一定にし、安定したインパクトを生むためにはトップスイングで肩がしっかり回っていることが不可欠です。
肩をしっかり回すことを意識すれば、手先に頼らず上体の筋肉でクラブを振ることが出来ますから、結果的にスイング軌道は安定しますし、ボールも真っ直ぐ飛ぶ確率が上がっていくのです。
細かいことを気にしすぎて小さなスイングになっていると感じたら、まずは肩がしっかり回っているかを確認するといいでしょう。


ぜひチェックしたい左肩の3つのポイントとは?
肩をしっかり回すというのは具体的にどういうことかを説明したいと思います。ゴルフで強く意識しなくてはいけないのは"左肩"です。右肩に意識を持っていくと、体が開き過ぎたりスイングに悪い影響があるため左肩を意識するようにして下さい。
左肩であればスイング中に視界に入りますからチェックがしやすいのも理由のひとつです。左肩を回していく上でチェックすべきポイントが3つありますので確認しましょう。


肩は右ヒザの真上まで移動させる

理想は右ひざの上まで左肩を回すことです。スムーズに出来る人はこれでOKですが、体が硬くてすごく窮屈に感じる人は右ひざまで回さなくても構いません。左肩を右にそのまま移動させていくイメージを持つことが大切です。この時、体重は右足に乗っているはずです。

左肩が斜め下を指している

アドレス時の前傾角度を保ったまま肩を回転させているので、当然トップスイング時には左肩が下がった状態になっているはず。左肩と右肩が水平になっているとすれば体が起き上がってしまっていることを意味するので改善するようにしましょう。

左肩がアゴの下にピッタリとくっつく

肩がしっかり回っていると、トップスイングでは左肩がアゴの真下に来ているはずです。最初は窮屈に感じるかもしれませんが、アゴと左肩が少し押し合うくらい密着しているのが正しいスイングですのでそれで問題ありません。

 
1 基本をマスター
2 グリップの握り方
3 アドレス
4 バックスイング
5 トップスイング
6 ダウンスイング
7 インパクト
8 フィニッシュ
 
 9 セットアップ 
10 効き目を有効に
11 曲げない打法
12 左肩のポイント
 13 アドレス・テークバック
14 調子が悪い時
 
15 アドレス
16 体重移動・腰の回転
17 制度上げの打法
18 斜面のショット
19 アプローチショット
20 バンカーショット
 
21 パッティング
22 プロのコツ
 
 23 自宅での練習
 24 シーズンオフの練習
 25 女性の練習
 26 40代以上の練習
 27 体型別(中肉中背) 
 28 体型別(背高・低い人)
 29 トップを直す
 30 シャンクを直す
 31 振り遅れを直す
 32 スライスの矯正 
 33 フォーム・姿勢
 34 ボールが高く上がりすぎ 
 35 正しいスイングテンポ