本文へスキップ
左肩をしっかり回すためにはアドレスやテークバックでのポイントをしっかり抑えておく必要があります。アドレスひとつでスムーズに左肩を回すことができるかどうかが変わってきますので要チェックポイントです。

アドレスで重要な手の位置とは?
アドレスで注意して欲しいのは手の位置です。
まず最初にグリップの位置ですが、目安として体からグリップエンドまで握りコブシ2個半分離れているかをチェックしてみて下さい。
それよりも近ければクラブを引くスペースがないため上体が起き上がってしまいますし、それよりも遠ければ体が突っ込んでしまい肩がしっかり回りません。次にボールに対してハンドファーストで構えられているかをチェックします。
これはテークバックをスムーズにしやすくするために必要なことです。ハンドファーストに構えることで肩とクラブヘッドが一体に上がってくれるため、肩を違和感なく回転させることが出来ます。


左肩をスムーズに回転させるためのテークバックでのポイントとは?
左肩をしっかり回すためには、上半身だけの力でアドレスで肩を回しやすいポイントを理解できたら、次はテークバックです。はうまく行きません。左肩を右に移動させていくには下半身の力が必要不可欠になってきます。
意識しておきたいポイントとして、テークバックを始めたらすぐ右足に体重移動をしていくということです。しかしこのように書くと体重移動のことを気にしすぎて他の重要なポイントを忘れてしまいがちです。
体重移動は慣れないと上手くできている感覚になりにくいですがかどうしてもそちらに気を取られてしまうと思います。

この問題を回避するために、体重移動を意識するのではなく、テークバックを始めたら右ヒザを右足の上に動かすことだけを意識してみて下さい。これだけでスムーズに右足に体重移動ができるようになります。
(右ヒザが右足より外側に行かないように注意しましょう。)

また、たまにこの時に左足のカカトが浮いている人がいますが、そうならないように注意して下さい。
左足の踏ん張りが利かなくなると必要以上に体が右側に動いてしまう可能性があります。左足はベタ足をキープするようにしましょう。


 
1 基本をマスター
2 グリップの握り方
3 アドレス
4 バックスイング
5 トップスイング
6 ダウンスイング
7 インパクト
8 フィニッシュ
 
 9 セットアップ 
10 効き目を有効に
11 曲げない打法
12 左肩のポイント
 13 アドレス・テークバック
14 調子が悪い時
 
15 アドレス
16 体重移動・腰の回転
17 制度上げの打法
18 斜面のショット
19 アプローチショット
20 バンカーショット
 
21 パッティング
22 プロのコツ
 
 23 自宅での練習
 24 シーズンオフの練習
 25 女性の練習
 26 40代以上の練習
 27 体型別(中肉中背) 
 28 体型別(背高・低い人)
 29 トップを直す
 30 シャンクを直す
 31 振り遅れを直す
 32 スライスの矯正 
 33 フォーム・姿勢
 34 ボールが高く上がりすぎ 
 35 正しいスイングテンポ