本文へスキップ
ゴルフは18ホールまわる間、常にスイングの調子がいいということはなかなかないと思います。「なんか調子が悪くなってきたな」と思ってもラウンド中にスイングを修正するのは難しいもの。
それよりもまず最初に確認して欲しいことがありますので覚えておいて下さい。


ゴルフスイングの理想とは?
ゴルフスイングの理想を定義するなら「毎回同じスイングができる」ことです。
状況やクラブが変わっても、毎回同じスイングができればボールを正確に飛ばすことは難しくないはずです。
ドライバーショットで毎回同じスイングができれば、フェアウェイが狭くても怖いものなしです。ただ、毎回同じようにスイングすることは難しいのが現実です。練習場で素振りをしている時は基本的に毎回同じ軌道でスイングできているのに、コースに出た途端、自分のスイングが一定ではなくなってしまう・・・。こういう経験をした方は少なくないと思います。それでは一体どうしてそのようなことになるのでしょうか?「コースでは思わず力んでしまう」確かにそういう理由もありそうです。何事でも本番となると、プレッシャーもありますから力が入ってしまうのも納得できますし、特にドライバーショットではその傾向は強くなります。しかし、素振りとそうでない時の最も違うこと・・・それは、そこにボールがあるかないかです。


ラウンド中にスイングの調子が悪くなったら最初に確認すべきこと
「ボールがあるとスイングが一定しない」これはなぜでしょうか。
その答えはズバリ「ボールに当てにいくスイングをしてしまっているから」ではないでしょうか。つまり、素振りのときはボール(目標物)がないため常に自分のスイングができるのですが、意識が目標物にいくことで、無意識の内に目標物にあわせるようなスイングをしてしまっているわけです。このことから何が言えるのかと言うと、「スイングの調子が悪くなってきたな」と感じたら、最初にスイングを修正しようとするのではなく、自分のスイング軌道にボールがセットされているかを確認するべき、ということです。
つまり、ティーアップしてアドレスに入ったら、ボールの位置がいつもとずれていないかを確認して欲しいということです。
スイングを修正するというのはとても大変なことですし、ラウンド中であればそれはなおさらです。「ボールに当てにいくスイングをする」のではなく、「スイングに当たるようにボールをセットする」ことを意識してみましょう。


 
1 基本をマスター
2 グリップの握り方
3 アドレス
4 バックスイング
5 トップスイング
6 ダウンスイング
7 インパクト
8 フィニッシュ
 
 9 セットアップ 
10 効き目を有効に
11 曲げない打法
12 左肩のポイント
 13 アドレス・テークバック
14 調子が悪い時
 
15 アドレス
16 体重移動・腰の回転
17 制度上げの打法
18 斜面のショット
19 アプローチショット
20 バンカーショット
 
21 パッティング
22 プロのコツ
 
 23 自宅での練習
 24 シーズンオフの練習
 25 女性の練習
 26 40代以上の練習
 27 体型別(中肉中背) 
 28 体型別(背高・低い人)
 29 トップを直す
 30 シャンクを直す
 31 振り遅れを直す
 32 スライスの矯正 
 33 フォーム・姿勢
 34 ボールが高く上がりすぎ 
 35 正しいスイングテンポ