本文へスキップ
アイアンショットは精度が高いことが絶対条件ですが、実はアドレスでもショットの方向性を高めるためのコツがあります。
少し意識を変えるだけですぐに実践できますので、苦手なところがあればぜひポイントを覚えておきましょう。


アドレスでのクラブの下ろし方
アドレスが正確にできないと、正しいバックスイングができなくなってしまうのでポイントはしっかり抑えておきましょう。アドレスは体をスムーズに回転させるための準備姿勢になりますから、体が左右に傾いて重心が偏った状態ではミスショットの原因になります。
あくまで自然体で構えることを心がけましょう。
クラブを持ったら、自分の胸の前あたりでグリップし、ボールの真上からクラブを下ろすと体が傾くことなく体に一直線の軸ができて安定したアドレスになります。


アドレスでできるダフり防止法
100を切れないゴルファーの多くは、アイアンでダフりをしてしまうことが多いと思いますが、アドレスでダフり防止ができるテクニックがありますので紹介しておきたいと思います。これまでに「ボールの少し先の方を打つイメージでスイングするといい」とアドバイスされたことはないでしょうか。これは確かにおっしゃるとおりで、イメージどおりに打てればダフりはかなり防止できると思います。
では具体的なショットの打ち方ですが、グリップをハンドファーストに構えることがポイントになります。
ハンドファーストの感覚がうまく掴めない方は、アドレス時にクラブヘッドをいったんボールの前にセットしてみて下さい。
(ここでインパクト直後のクラブヘッドの位置をイメージできます。)そのまま手の位置は変えずにクラブヘッドだけをボールの後ろに戻してセットアップすると理想的なハンドファーストの形になります。


ボールを曲げないためのアドレス
ボールを曲げない打ち方の秘訣はコンパクトスイングですが、大振りをしないためのアドレスのやり方があります。それは、できるだけボールの近くに立って構えるということです。そのためにはクラブを少し短く持てばいいわけですが、クラブを短く持つことで腕とクラブに角度がつかない(一直線に近い状態になる)ので、腕だけでスイングすることができなくなります。その影響で自然とスイングがコンパクトになり、アイアンショットの精度をさらに高めることができます。

 
1 基本をマスター
2 グリップの握り方
3 アドレス
4 バックスイング
5 トップスイング
6 ダウンスイング
7 インパクト
8 フィニッシュ
 
 9 セットアップ 
10 効き目を有効に
11 曲げない打法
12 左肩のポイント
 13 アドレス・テークバック
14 調子が悪い時
 
15 アドレス
16 体重移動・腰の回転
17 制度上げの打法
18 斜面のショット
19 アプローチショット
20 バンカーショット
 
21 パッティング
22 プロのコツ
 
 23 自宅での練習
 24 シーズンオフの練習
 25 女性の練習
 26 40代以上の練習
 27 体型別(中肉中背) 
 28 体型別(背高・低い人)
 29 トップを直す
 30 シャンクを直す
 31 振り遅れを直す
 32 スライスの矯正 
 33 フォーム・姿勢
 34 ボールが高く上がりすぎ 
 35 正しいスイングテンポ