本文へスキップ
ただでさえショットが安定しないときは、斜面からのショットは成功するイメージさえ湧いてこないこともあると思います。
それくらい斜面からのショットは難しいものです。
ただ、ひとつコツを覚えておくだけでミスショットを劇的に減らしてくれる方法があるので覚えておきましょう。


左足上がりの場合

斜面からのショットが難しいのは、足元が不安定になることが大きい理由です。左足上がりの場合は左が高くなっているので体重移動がほどんどできません。
無理に通常のショットのように体重移動をしようとするとバランスを崩してミスショットするのがオチです。
体重移動をしなくても打てるように、初めからボールを右側にセットするのがコツです。ボールが右側にあることで、体重移動せずに上体の回転だけで打つことができるようになります。この時、肩のラインは斜面と平行に構えて地面に沿ってクラブを振り抜くことを忘れないようにしましょう。


左足下がりの場合

次は左足下がりのケースです。
左足が低い状態なので、普通にボールがセットされたままスイングすると、ボールの手前の地面が邪魔になってダフることが多くなってしまいます。
これを予防するためのコツですが、実はこちらのケースもボールを右側にセットするのがコツなのです。
ボールが右側にあれば地面が邪魔することなくスイングの早い段階でボールをヒットできますから、結果的にダフる確率を劇的に下げることができるようになります。無理に球を上げようとしないことも大切です。
このように、斜面からのショットでは常にボールを右側にセットすることが重要です。思わず斜面に打ち込んでも、落ち着いてこのコツを思い出すようにしましょう。


 
 
1 基本をマスター
2 グリップの握り方
3 アドレス
4 バックスイング
5 トップスイング
6 ダウンスイング
7 インパクト
8 フィニッシュ
 
 9 セットアップ 
10 効き目を有効に
11 曲げない打法
12 左肩のポイント
 13 アドレス・テークバック
14 調子が悪い時
 
15 アドレス
16 体重移動・腰の回転
17 制度上げの打法
18 斜面のショット
19 アプローチショット
20 バンカーショット
 
21 パッティング
22 プロのコツ
 
 23 自宅での練習
 24 シーズンオフの練習
 25 女性の練習
 26 40代以上の練習
 27 体型別(中肉中背) 
 28 体型別(背高・低い人)
 29 トップを直す
 30 シャンクを直す
 31 振り遅れを直す
 32 スライスの矯正 
 33 フォーム・姿勢
 34 ボールが高く上がりすぎ 
 35 正しいスイングテンポ