本文へスキップ
ゴルフのスコアメイクに大きな影響を与えるアプローチショットですが、苦手にしている
人が多いような気がします。
ちょっとしたコツや意識で精度をあげることができますから、ぜひ苦手意識を克服してアプローチ上手なゴルファーを目指しましょう。


アプローチショットでの高い球と低い球の打ち分け方

狙ったとおりにショットしたつもりでも、思ったより低くてランが出すぎてオーバーしたり、逆に高い球になりすぎてショートしたりと、イメージどおりにピンに寄らないということは、特に初心者やアプローチが苦手な方ならよくあることだと思います。
ここでは、スイングを変えずに高い球と低い球を打ち分ける方法を紹介したいと思います。ポイントとなるのはアドレスでのボールの位置になります。
ボールを自分の左側(左足カカト前)に置けば、クラブフェースが上を向きますので高い球となり、右側(右足カカト前)にセットすればクラブフェースが立ちますので低い球が出るようになります。
アプローチが苦手な方は、意外とボールの位置まで気にして打っている人はいないのではないでしょうか。
ほんの少しの違いでも、ショットの質はこれだけ変わってきます。
ピンがグリーン手前で高く上げたいのか、ランを出して寄せていきたいのか、ピンの位置を確認したら、次はボールをセットする位置を確認する習慣をつけましょう。


オープンスタンスで距離感を向上させる

アプローチで距離感がつかめずに苦しんでいる人に、ひとつ試してもらいたい方法があるので紹介したい。それは、普段スクエアに構えている左足を半歩引いてオープンスタンスに構えてショットするやり方です。
左足を半歩開くことで最初から左側が回転していることになり、フォローがスムーズに出来るようになります。
スクエアスタンスだと左側が回転しづらく、クラブが突っかかった感じになっているなと思っている人はぜひこのやり方でチャレンジしてみて下さい。この時、クラブヘッドは目標に向かって振り抜くようにショットします。
自然とクラブヘッドが走り、自分が狙った距離を出しやすくなるのでぜひ試してみてもらいたいです。


ボールの追い方でトップを予防する

グリーン周りのショートアプローチ。
ピンに寄せるはずが、トップしてグリーン奥のバンカーへ・・・。初心者の内に誰でも経験したことがあるであろうアプローチでのトップ。
チャックリ同様、ぜひ克服したいミスショットです。
トップの一番の原因は、ショット後のボールの行方を気にしすぎることで起こるヘッドアップです。ヘッドアップしないために、打った後もずっとボールがあった場所を見続ければいいのかというともちろんそうではありません。
上体の回転がなくなると今度はチャックリの原因になってしまいます。ボールの行方を追うのは問題ないのですが、トップしてしまう人はその追い方に問題があります。
頭を上げてボールの行方を追おうとすると、上体が起き上がってしまいクラブがボールの上側にヒットする、つまりトップになってしまうのです。
これを防ぐためのコツですが、アプローチショット時の首の角度を保ったままボールの行方を追うように意識してみて下さい。
首の角度がキープできれば、クラブがボールにクリーンヒットしてくれます。自分のパッティングしているところをイメージしてみて下さい。
パッティングの時はしっかり首の角度が保たれていないでしょうか?まさにそのイメージです。


 
 
1 基本をマスター
2 グリップの握り方
3 アドレス
4 バックスイング
5 トップスイング
6 ダウンスイング
7 インパクト
8 フィニッシュ
 
 9 セットアップ 
10 効き目を有効に
11 曲げない打法
12 左肩のポイント
 13 アドレス・テークバック
14 調子が悪い時
 
15 アドレス
16 体重移動・腰の回転
17 制度上げの打法
18 斜面のショット
19 アプローチショット
20 バンカーショット
 
21 パッティング
22 プロのコツ
 
 23 自宅での練習
 24 シーズンオフの練習
 25 女性の練習
 26 40代以上の練習
 27 体型別(中肉中背) 
 28 体型別(背高・低い人)
 29 トップを直す
 30 シャンクを直す
 31 振り遅れを直す
 32 スライスの矯正 
 33 フォーム・姿勢
 34 ボールが高く上がりすぎ 
 35 正しいスイングテンポ