本文へスキップ
ルフスイングを上達させるには、まずは正しいグリップが欠かせません。正しいスイングをマスターするためにも、スイングの基本となるグリップの握り方をしっかり覚えましょう。

基本はスクエアグリップから
グリップの握り方は大きく分けて「スクエアグリップ」「ストロンググリップ」「ウィークグリップ」の3種類があります。それぞれのグリップの違いは左手の握り方によって変わりますが、特にこだわりがない限りベーシックな「スクエアグリップ」を試してみるのをおすすめします。

左手のグリップの握り方
グリップは「左手→右手」の順番で握ります。
グリップが左手の指の付け根に沿うように
小指、薬指、中指の順にクラブを握ります。
(親指はグリップの中心よりもやや右側にくるようにします。)
親指と人差し指にはあまり力を入れず、中指、薬指、小指の3本でクラブをしっかり握ることを意識して下さい。


右手のグリップの握り方
右手はクラブの横から添えるようにし、小指を左手の人差し指と中指の間に乗せます。
(これをオーバーラッピンググリップと呼びます。)
左手同様に親指と人差し指はあまり強く握らないようにして、右手の中指と薬指をグリップに巻きつけます。
右手の親指は、グリップの中央からやや左側にくるように握ります。右手のグリップの握り方のポイントですが、左手の親指を右手の生命線にぴったりとあわせて握ると、非常に一体感のあるグリップになります。


グリップで確認しておくべきポイント
正しいスクエアグリップとなるために、クラブを握ったときにぜひ確認してもらいたいことがあります。
グリップが変わるだけでスイングそのものも変わりますので、とにかくグリップは重要であることを意識しておきましょう。
まず、クラブを構えたときに、左手のナックルが2個見えているか確認します。左手のナックルが3個見えていたらストロンググリップ、1個しか見えていなかったらウィークグリップとなります。極端なストロンググリップやウィークグリップはスイングを乱す原因にもなりますので、まずはスクエアグリップを意識するのがベターです。
もうひとつ大事なポイントとして、それぞれの手の親指と人差し指でできたVラインが、それぞれ右肩に向かって平行になっている必要があります。
これはグリップの握り方で基本かつ重要なポイントですので、慣れないうちは必ず確認するようにしましょう。


 
 
1 基本をマスター
2 グリップの握り方
3 アドレス
4 バックスイング
5 トップスイング
6 ダウンスイング
7 インパクト
8 フィニッシュ
 
 9 セットアップ 
10 効き目を有効に
11 曲げない打法
12 左肩のポイント
 13 アドレス・テークバック
14 調子が悪い時
 
15 アドレス
16 体重移動・腰の回転
17 制度上げの打法
18 斜面のショット
19 アプローチショット
20 バンカーショット
 
21 パッティング
22 プロのコツ
 
 23 自宅での練習
 24 シーズンオフの練習
 25 女性の練習
 26 40代以上の練習
 27 体型別(中肉中背) 
 28 体型別(背高・低い人)
 29 トップを直す
 30 シャンクを直す
 31 振り遅れを直す
 32 スライスの矯正 
 33 フォーム・姿勢
 34 ボールが高く上がりすぎ 
 35 正しいスイングテンポ