本文へスキップ
ゴルファーの中にはこのバンカーショットがどうしても苦手だという人も少なくないと思います。特にグリーン周りのバンカーショットは打ち方が通常のスイングとは違い、ちょっと特殊なテクニックが必要になってくるからです。
それはそれで基本として大切なことですが、もっとシンプルに考えて打つことから始めるのも手だと思います。


バンカーショットの基本
まず最初に、世間的に言われているバンカーショットの打ち方の基本を確認しておきたいと思います。すでにご存知とは思いますが、上手くダフる必要があるため、バンカーショットの基本は「オープンフェース、オープンスタンス」となります。

は「オープンフェース、オープンスタンス」となります。

ボール位置は左足カカトの前、クラブフェースはオープンに

ボールが左足カカトの前にくるようにアドレスし、ボールの約5〜10センチ後ろにクラブフェースを開いた状態でクラブを入れ、ボールの下の砂ごとすくい取るようなイメージでショットします。

体重は左足にかける

右足体重でスイングした方がボールを楽にバンカーから打ち出せそうな気がしますが、実はまったく逆で体重が左足にかかっている必要があります。
これならダウンブローでボールを打てますのでボールは高く浮きます。

ヘッドアップをしない

特にバンカーになると打ったボールがどこに飛んでいったか非常に気になるものですが、ヘッドアップしてしまうとボールの下をすくうように打てませんのでトップのようなミスショットの原因になってしまいます。
アプローチ同様、ヘッドアップは厳禁です。

しっかり振り切る(フォローをとる)

バンカーショットではしっかりフォローをとることが重要なのですが、ダフることを意識し過ぎるとインパクトばかりに意識が向いてしまうため、インパクトでスイングを止めてしまう傾向にあります。
これではフォローがスムーズにいきませんので、上手くダフることができなくなりますので注意が必要です。


大事なのは、一打でバンカーを脱出すること

上に書いたとおりの打ち方ができていれば問題ありませんが、実際は「ホームランになったらどうしよう」とか余計なプレッシャーがかかって思うように打てないことも多いと思います。
それは、いつものスイングとは全く異なるスイングを打たなければならないと自然に思い込んでしまっているためだと思います。
そういう同じような悩みを持っている方は、もっとシンプルに考えてみませんか?
バンカーショットを究極にシンプルに考えると、必要なのは「ボールを左足のカカト前に置き、いつものスイングでダフりながら振り抜く」ことです。
大切なのはこれだけになります。ボールが左寄りに置かれていることで、いつもどおりのスイングで体の中心の砂に少しだけクラブが触れるようにしてスイングすれば、頭で考えて不自然にダフらせようとしなくても勝手に上手くダフってくれます。
いつもどおりの打ち方ですので、違和感なく振り抜くことができるようになります。
バンカーショットでは「力強く打ち込んで爆発力で飛ばそう」と考えると確実に余計な力が入り、クラブヘッドを切り返すタイミングが早くなりがちですが、あくまで自然体でいることが大切です。
バンカーショットも普段のスイングと何も変わらない
ということを強く意識してみて欲しいと思います。テレビでプロが見せるかっこいいバンカーショットに憧れますが、大事なのは「一打でバンカーから脱出すること」です。
シンプルなバンカーショットで高い確率でアウトできるようになってから、次のステップに進むのがいいと思います。


 
 
1 基本をマスター
2 グリップの握り方
3 アドレス
4 バックスイング
5 トップスイング
6 ダウンスイング
7 インパクト
8 フィニッシュ
 
 9 セットアップ 
10 効き目を有効に
11 曲げない打法
12 左肩のポイント
 13 アドレス・テークバック
14 調子が悪い時
 
15 アドレス
16 体重移動・腰の回転
17 制度上げの打法
18 斜面のショット
19 アプローチショット
20 バンカーショット
 
21 パッティング
22 プロのコツ
 
 23 自宅での練習
 24 シーズンオフの練習
 25 女性の練習
 26 40代以上の練習
 27 体型別(中肉中背) 
 28 体型別(背高・低い人)
 29 トップを直す
 30 シャンクを直す
 31 振り遅れを直す
 32 スライスの矯正 
 33 フォーム・姿勢
 34 ボールが高く上がりすぎ 
 35 正しいスイングテンポ