本文へスキップ

女性に限ったことではないかもしれませんが、まず一番大事なことは正しいスイングを身につけることです。そのためには、やみくもに打ちっ放し等でボールを打つだけではなく、鏡を使って自分自身のフォームを確認するとよいでしょう。できれば、等身大の鏡を買って、自宅でスイングできるスペースに置くことができるのが望ましいですね。誰かに頼んだり、三脚等を利用してビデオで録画してチェックする方法もおすすめです。からだを使わず手打ちになっていないか、肘が張っていないか、など確認して、おかしなところは直します。そうやって客観的に自分のスイングを見て、修正していく癖を付けることで、正しいスイングが身につき、それ伴って必ずスコアもアップしていくはずです。また、アマチュアのゴルファーとくに初心者の方は、女子プロゴルファーのスイングを真似するのはやめましょう。 プロだからといって正しいスイングをしているとは限りません。むしろ、プロの場合は勝つためにあえておかしなフォームになっている場合もあるのでアマチュアが参考にしてもケガのもとになるだけでしょう。飛距離も、正しいスイングを身につけることで伸びてきます。まずは鏡を見る。自分のスイングを知る。そこからスタートしてください。ビギナーの方だけでなく、上達した後にもこうやって基本に立ち返ってみることは大事なことですね。

 
 
1 基本をマスター
2 グリップの握り方
3 アドレス
4 バックスイング
5 トップスイング
6 ダウンスイング
7 インパクト
8 フィニッシュ
 
 9 セットアップ 
10 効き目を有効に
11 曲げない打法
12 左肩のポイント
 13 アドレス・テークバック
14 調子が悪い時
 
15 アドレス
16 体重移動・腰の回転
17 制度上げの打法
18 斜面のショット
19 アプローチショット
20 バンカーショット
 
21 パッティング
22 プロのコツ
 
 23 自宅での練習
 24 シーズンオフの練習
 25 女性の練習
 26 40代以上の練習
 27 体型別(中肉中背) 
 28 体型別(背高・低い人)
 29 トップを直す
 30 シャンクを直す
 31 振り遅れを直す
 32 スライスの矯正 
 33 フォーム・姿勢
 34 ボールが高く上がりすぎ 
 35 正しいスイングテンポ