本文へスキップ

ここ一番、ティーショットで距離を稼ぎたいという時は、普段よりスタンスを広めにとります。そしてなるべく体から遠くに上げ、フォローも遠くに出します。それにより、スイングアークがいつもより大きくなるので、飛距離がアップします。
ゆったり大きく振るイメージではなく、広げた両足を動かさないで下半身を固定し、その両足幅の中で上体を切れよくします。
飛ばそうとするあまり下半身が左右に大きく動いてしまっては、軌道がずれて方向が曲がってしまいます。
からだの大きな人とは違う、適切な打ち方をしましょう。

アプローチがうまくなるコツは、まずグリップを短く握ることです。
そうすることでボールに近く立ち、ボールと自分の目の距離を近づけるのです。小柄な人だと、その体型からこれが意識せずともできているので、アプローチのうまい人が多いようです。
中背の方はグリップを短く握りましょう。
そうするとグリップの位置が高くなり、手首の動きを使わずに打てるようになります。手首の動きをできるだけ抑え、いつでも一定の軌道で正確なアプローチができるように練習しましょう。
またアドレスは、クラブフェースを開いて構えます。そうすることで、ダフリなどのミスを減らすことができます。

 
 
1 基本をマスター
2 グリップの握り方
3 アドレス
4 バックスイング
5 トップスイング
6 ダウンスイング
7 インパクト
8 フィニッシュ
 
 9 セットアップ 
10 効き目を有効に
11 曲げない打法
12 左肩のポイント
 13 アドレス・テークバック
14 調子が悪い時
 
15 アドレス
16 体重移動・腰の回転
17 制度上げの打法
18 斜面のショット
19 アプローチショット
20 バンカーショット
 
21 パッティング
22 プロのコツ
 
 23 自宅での練習
 24 シーズンオフの練習
 25 女性の練習
 26 40代以上の練習
 27 体型別(中肉中背) 
 28 体型別(背高・低い人)
 29 トップを直す
 30 シャンクを直す
 31 振り遅れを直す
 32 スライスの矯正 
 33 フォーム・姿勢
 34 ボールが高く上がりすぎ 
 35 正しいスイングテンポ