本文へスキップ

トップという現象は、クラブエッジでボールの横腹から上をたたいている場合に起こります。原因の一つは、クラブのソールが地面から浮いている事、もう一つは、逆にダフッている事です。

クラブのソールが地面から浮いてしまうのは、ボールを打ち上げようとしているからです。ゴルフクラブ(とくにアイアン)の、基本的な打ち方を思い出してみましょう。
スイングの最下点を過ぎて3−5cmのところで地面にソールが当たる、いわゆるダウンブローですね。このダウンブローができると、ボールにスピンが掛かるので、下向きに打っているにもかかわらず、ボールが浮き上がっていくのです。

ところが、意識的にボールを打ち上げようとした場合は、力が入ります。スイングでアッパーブローとなると、ボールをティーアップしてあるドライバーなら打てますが、アイアンの場合は最下点が右にこないといけないので、ダフる以外にありません。

このように、ダウンブローのスイングの意識を徹底させる事が、トップしないようにする方法の一つですので意識して練習してみてください。
そして次に、からだの力みを取ることです。
こうした正しいスイングによって、ちゃんとボールが飛ぶようになると、頭を上げなくてもクラブの振れ具合だいたい分かるようになり、打った後ゆっくり見上げてもボールの行方を追えるので、ヘッドアップも減ってきます。

 
 
1 基本をマスター
2 グリップの握り方
3 アドレス
4 バックスイング
5 トップスイング
6 ダウンスイング
7 インパクト
8 フィニッシュ
 
 9 セットアップ 
10 効き目を有効に
11 曲げない打法
12 左肩のポイント
 13 アドレス・テークバック
14 調子が悪い時
 
15 アドレス
16 体重移動・腰の回転
17 制度上げの打法
18 斜面のショット
19 アプローチショット
20 バンカーショット
 
21 パッティング
22 プロのコツ
 
 23 自宅での練習
 24 シーズンオフの練習
 25 女性の練習
 26 40代以上の練習
 27 体型別(中肉中背) 
 28 体型別(背高・低い人)
 29 トップを直す
 30 シャンクを直す
 31 振り遅れを直す
 32 スライスの矯正 
 33 フォーム・姿勢
 34 ボールが高く上がりすぎ 
 35 正しいスイングテンポ