本文へスキップ

シャンクして困るという人は、たいてい頭で思っているヘッドの通り道と、実際にボールが置かれている位置とがずれているものです。
これは、ボールの位置を意識しすぎるために起こることが多いもの。むしろ、ボールに対して意識を向けず、打つことを意識せずに、「あそこまで打つ」というようにボールの落とし場所のみを意識してみましょう。そうすることで、シャンクだけでなく、トップやダフリなども直ってしまうことが多いです。

続いて技術的なことですが、シャンク気味の人は、右膝を左膝に寄せるようにして打ってみてください。右膝が前に出てしまう癖があることによって、シャンクしてしまう人が多いですから、こうして右膝を内側にひねり入れるように意識してフォローを取ると、右膝が前に出るのを防げますし、同時に右腰が前に出てしまうのも防げます。

右膝、右腰が前に突っ込んでしまうということは、その分クラブヘッドはイメージより外側を通ることになり、アウトサイドインの軌跡を描くので、大きければスライスしたり、あるいはドライバーの根元に当たって左へのチョロとなってしまうのです。
このように意識の持ち方ひとつで、ゴルフのフォームは直りますし、悪い癖も案外すんなり取れてしまうものです。

 
 
1 基本をマスター
2 グリップの握り方
3 アドレス
4 バックスイング
5 トップスイング
6 ダウンスイング
7 インパクト
8 フィニッシュ
 
 9 セットアップ 
10 効き目を有効に
11 曲げない打法
12 左肩のポイント
 13 アドレス・テークバック
14 調子が悪い時
 
15 アドレス
16 体重移動・腰の回転
17 制度上げの打法
18 斜面のショット
19 アプローチショット
20 バンカーショット
 
21 パッティング
22 プロのコツ
 
 23 自宅での練習
 24 シーズンオフの練習
 25 女性の練習
 26 40代以上の練習
 27 体型別(中肉中背) 
 28 体型別(背高・低い人)
 29 トップを直す
 30 シャンクを直す
 31 振り遅れを直す
 32 スライスの矯正 
 33 フォーム・姿勢
 34 ボールが高く上がりすぎ 
 35 正しいスイングテンポ