本文へスキップ

打ち込む意識が強かったり、右に行きやすいので左側にボールを打ち出したい、低いボールを打ちたいなどのイメージがあるインパクトでは、頭が下がりやすいです。
また、アッパーブローのイメージでボールを上げる意識が強かったり、クラブをインサイドから入れてフックを打ちたい、フックするから右側にボールを打ち出したい、フォローを大きくとりたい、といったイメージを持つと、インパクト時に頭が上がりやすくなります。

いずれにしても、その原因は各人が持つインパクトのイメージによるものが多いものです。
そのため、たとえば、頭が上下に動く下人を、アドレス時に膝を曲げすぎていることだと考えて、膝の角度を浅くするよう試みても打ちづらいだけで、ちゃんとしたスイングはできない場合が多いのです。

自分がインパクトにどういうイメージを抱いているのかを割り出し、プロや上級者に、その人のインパクトのイメージを聞いてみるなどして、その違いを知ることは参考になります。
そうやって、自分が抱いているインパクトのイメージを少し変えて打つことで、すんなり解決できる場合も少なくないでしょう。

 
 
1 基本をマスター
2 グリップの握り方
3 アドレス
4 バックスイング
5 トップスイング
6 ダウンスイング
7 インパクト
8 フィニッシュ
 
 9 セットアップ 
10 効き目を有効に
11 曲げない打法
12 左肩のポイント
 13 アドレス・テークバック
14 調子が悪い時
 
15 アドレス
16 体重移動・腰の回転
17 制度上げの打法
18 斜面のショット
19 アプローチショット
20 バンカーショット
 
21 パッティング
22 プロのコツ
 
 23 自宅での練習
 24 シーズンオフの練習
 25 女性の練習
 26 40代以上の練習
 27 体型別(中肉中背) 
 28 体型別(背高・低い人)
 29 トップを直す
 30 シャンクを直す
 31 振り遅れを直す
 32 スライスの矯正 
 33 フォーム・姿勢
 34 ボールが高く上がりすぎ 
 35 正しいスイングテンポ