本文へスキップ

まず、お使いのクラブの特性が、高く打ち上げる仕様になっている場合があります。
シャフトが硬いか柔らかいか?確認してみましょう。柔らかいシャフトのクラブはボールが高く上がります。先調子か手元調子かも関係があります。
先調子のほうが高く上がります。
ヘッドが軽い場合や、ロフト書くが大きいものも高く上がります。ただし、クラブの特性に左右されるというケースは、実際にはあまり考えなくてよさそうです。
それよりむしろ、以下の点を注意してみて下さい。

次に、アドレス時のボールの位置はどうですか?もし正しいスイングができているのであれば、右利きの場合、右に置くと上がりやすいです。
また、スイング軌道の最下点はどうでしょう?最下点の位置が左に設定されている場合もボールは高く上がります。

そしてもう一つ、リリースのタイミングにも注意してください。切り返しで作ったタメを緩めるタイミングが遅いほど、ボールは高く上がります。

しかし、ビギナーをはじめ多くのプレーヤーが、高く上げたくても上げられません。その逆で高く上がって困っているというのは、基本的にはよいスイングをしているという証拠ともいえます。高く打つのを低く変えるのは、その逆に比べるとずっと簡単ですよ。

 
 
1 基本をマスター
2 グリップの握り方
3 アドレス
4 バックスイング
5 トップスイング
6 ダウンスイング
7 インパクト
8 フィニッシュ
 
 9 セットアップ 
10 効き目を有効に
11 曲げない打法
12 左肩のポイント
 13 アドレス・テークバック
14 調子が悪い時
 
15 アドレス
16 体重移動・腰の回転
17 制度上げの打法
18 斜面のショット
19 アプローチショット
20 バンカーショット
 
21 パッティング
22 プロのコツ
 
 23 自宅での練習
 24 シーズンオフの練習
 25 女性の練習
 26 40代以上の練習
 27 体型別(中肉中背) 
 28 体型別(背高・低い人)
 29 トップを直す
 30 シャンクを直す
 31 振り遅れを直す
 32 スライスの矯正 
 33 フォーム・姿勢
 34 ボールが高く上がりすぎ 
 35 正しいスイングテンポ