本文へスキップ

スイングのい遅い人が心がけたい事は、腰の高さを変えないように、下半身を水平に回すことです。腰の高さが変わると当然肩の高さも変わってしまいますので、それを防ぐには、下半身を水平に回転させ、その動きに自然に上体がついてくるイメージでスイングします。
ダウンスイング以降は、若干左腰を高めにキープする意識でよいでしょう。
足はべた足を意識し、膝の高さを変えないように注意します。練習のため、ヘッドを膝の高さに置いてスイングすると、実感として分かると思います。少々早めに右踵をヒールアップする意識でやるとスムーズに回れます。

逆にスイングテンポが速い人は、まず全身の力を抜くことです。
とくに右腕の力を抜くことが肝心です。
腕に力が入ると肩にも力が入り、ダウンスイング→インパクト→フォローのプロセスで、手がヘッドより前に出てしまうことになり、ヘッドが走りません。ゆったりと力うぃ抜くことで、ヘッドが先に動いてくれるようになります。
ボールを打とうと意識しすぎると、どうしても器用な右手を使ってしまいますので、そこで力が入っていると当然ミスにつながるのです。
ボールに対して打ちに行かず、ボールの先にヘッドを通す軌道だけをイメージしてきちんと振り抜くことを意識して打ってみましょう。

 
 
1 基本をマスター
2 グリップの握り方
3 アドレス
4 バックスイング
5 トップスイング
6 ダウンスイング
7 インパクト
8 フィニッシュ
 
 9 セットアップ 
10 効き目を有効に
11 曲げない打法
12 左肩のポイント
 13 アドレス・テークバック
14 調子が悪い時
 
15 アドレス
16 体重移動・腰の回転
17 制度上げの打法
18 斜面のショット
19 アプローチショット
20 バンカーショット
 
21 パッティング
22 プロのコツ
 
 23 自宅での練習
 24 シーズンオフの練習
 25 女性の練習
 26 40代以上の練習
 27 体型別(中肉中背) 
 28 体型別(背高・低い人)
 29 トップを直す
 30 シャンクを直す
 31 振り遅れを直す
 32 スライスの矯正 
 33 フォーム・姿勢
 34 ボールが高く上がりすぎ 
 35 正しいスイングテンポ