本文へスキップ
トップスイングとはバックスイングとダウンスイングの切り替えポイントであり、クラブを最も高く振り上げた状態のことを言います。
ここからクラブを振り下ろしていきますので、トップスイングがしっかりできていないと、この後安定したスイングにはなりません。
トップスイングは止まった状態で確認できますので、自分のスイングが正しいかじっくり確認してみましょう。


左肩の位置は「右ヒザの上・アゴの下」
正しくバックスイングができていれば、トップスイングでは左肩の位置が右ヒザの上、さらにアゴの下に入っていることになります。
この時、体重の約8割が右足股関節にかかっているイメージです。
無理にこれ以上に体を捻る必要はありません。バックスイング同様、右ヒジが上を向いて右ワキが開いていないか確認しましょう。


上半身は右に90度、腰は45度の回転がポイント
クラブを思いっきり振ろうとして、バックスイングで体を必要以上に捻る人がいますが、体を捻り過ぎるとバランスを崩したスイングとなりしっかりボールを打てなくなってしまいます。理想は、上半身を右に90度回し、腰は45度(左ワキが右足股関節の上にきている状態)の回転にとどめておくことです。
このように上半身と下半身の回転に差を付けることでトップから切り返したときに大きなパワーが生まれ、飛距離を出すことができるようになります。
そして、このトップでアドレス時につくった前傾角度をキープしておくことも非常に重要なポイントです。
ここで前傾角度が崩れてしまうとダウンスイングで元に戻さなくてはいけなくなりますのでスイングが安定しなくなるのは明らかです。


左手親指にクラブの重みを感じられているか
自分のトップスイングを確認する際には、クラブを左手親指で支えているか確認します。
左手親指にしっかりクラブの重みを感じていることが正しいトップスイングになるための条件のひとつと言えます。
左手首の向きが正しくないと左手親指にクラブが乗りませんので、フェースが開いてスライスになる、といった具合にミスショットの原因になってしまいます。
このようにトップの状態というのはゴルフスイングにおける非常に大事なポイントとなります。自分でも確認しやすいフォームですので、しっかりチェックしてみて下さい。


 
1 基本をマスター
2 グリップの握り方
3 アドレス
4 バックスイング
5 トップスイング
6 ダウンスイング
7 インパクト
8 フィニッシュ
 
 9 セットアップ 
10 効き目を有効に
11 曲げない打法
12 左肩のポイント
 13 アドレス・テークバック
14 調子が悪い時
 
15 アドレス
16 体重移動・腰の回転
17 制度上げの打法
18 斜面のショット
19 アプローチショット
20 バンカーショット
 
21 パッティング
22 プロのコツ
 
 23 自宅での練習
 24 シーズンオフの練習
 25 女性の練習
 26 40代以上の練習
 27 体型別(中肉中背) 
 28 体型別(背高・低い人)
 29 トップを直す
 30 シャンクを直す
 31 振り遅れを直す
 32 スライスの矯正 
 33 フォーム・姿勢
 34 ボールが高く上がりすぎ 
 35 正しいスイングテンポ