本文へスキップ
トップスイングからボールをインパクトするまでのスイングをダウンスイングと呼びます。いわゆるボールを打ちにいくスイングですのでスイングスピードが上がり自分でポイントをチェックしづらいですが、ここでも重要なポイントがありますので確認してみましょう。

ダウンスイングで最初に動くところは「左ヒザ」
ダウンスイングと聞くと、クラブを振り下ろすイメージがあるせいか、トップスイングの状態からすぐにクラブを動かしてしまう(上半身を回転させてしまう)人が大変多いようです。
しかし、正しいダウンスイングというのは、まず最初に「左ヒザをアドレスの状態に戻す(腰を左に少しスライドさせる)」ことから始めます。
そして左足股関節に体重を乗せた後に上体が回転し始め、さらにクラブが一瞬遅れて動き出すのが正しい順番になります。
テークバックと同じ「体重移動→回転」の原則はここでも変わりません。左ヒザを戻さないままクラブを振り下ろそうとすると、右足に体重が残りすぎてしまうという問題が起こります。するとクラブヘッドが走りませんので飛距離が出ません。
そしてクラブヘッドがアウトサイドから下りてくる、いわゆるカット打ちになりやすく、スライスの原因となります。
逆に、体重を左足に戻そうという意識が強すぎると上体が左に流れてしまいますので注意が必要です。
ダウンスイング中には、体重配分が右から左に移動していきますが、体の軸は動かさないことを意識しておきましょう。


手と体を一体化させるための意識とは?
トップスイングの状態からすぐにクラブを下ろしてはいけないと書きましたが、そうなってしまう原因のひとつに切り返しを急ぎすぎることが挙げられると思います。
スイングスピードを上げたいという気持ちも関係しているのかもしれません。
そういう人は、切り返しをゆっくりやるように意識してみて下さい。ゆっくり切り返すイメージを持つことで手と体がうまく連動するようになり、腰が先に回りはじめてその後から腕が遅れて下りてくれば完璧です。
結果的にボールも真っ直ぐ飛ぶようになります。


 
1 基本をマスター
2 グリップの握り方
3 アドレス
4 バックスイング
5 トップスイング
6 ダウンスイング
7 インパクト
8 フィニッシュ
 
 9 セットアップ 
10 効き目を有効に
11 曲げない打法
12 左肩のポイント
 13 アドレス・テークバック
14 調子が悪い時
 
15 アドレス
16 体重移動・腰の回転
17 制度上げの打法
18 斜面のショット
19 アプローチショット
20 バンカーショット
 
21 パッティング
22 プロのコツ
 
 23 自宅での練習
 24 シーズンオフの練習
 25 女性の練習
 26 40代以上の練習
 27 体型別(中肉中背) 
 28 体型別(背高・低い人)
 29 トップを直す
 30 シャンクを直す
 31 振り遅れを直す
 32 スライスの矯正 
 33 フォーム・姿勢
 34 ボールが高く上がりすぎ 
 35 正しいスイングテンポ