本文へスキップ
クラブを最後まで振り切ったところをフィニッシュと呼びます。
インパクトからフィニッシュまでをフォロースルーと呼びますのでこちらも覚えておきましょう。)
トップスイングと一緒で、フィニッシュは静止した状態ですのでポイントもチェックしやすいはずですから、正しいフォームになっているか自分で確認してみましょう。


 
フォロースルーでも前傾角度をキープする
インパクトからフォロースルーにかけて、体が目標方向に向くように回転させていきます。
この時、体重がほぼ左足に乗るようにします。
インパクト後は右腕がしっかりと伸びた状態になり、両手が腰の高さまできた時にシャフトが地面と平行になっていれば正しいフォロースルーとなります。
このとき、
前傾角度を変えずにフォロースルーすることがポイントです。そのように意識しておけばインパクトでも前傾角度が変わらずミスヒットの確率が劇的に下がります。
前傾角度を変えずにスイングすると、バックスイングのときは左肩が下がり右肩が上がった状態になりますが、フォロースルーでは右肩が下がり左肩が上がった状態になります。これが正しいフォロースルーでのフォームとなります。
フォロースルーの段階で左右の肩が地面に対して水平になっていると、体が起き上がってしまっているためインパクトでミスヒットの確率が上がってしまいますので注意して下さい。


 
フィニッシュは左足一本で立てるのが理想
最後にスイングの最終地点、フィニッシュの形を確認します。
体重がほぼ100%左足のカカトに乗り、右足は爪先でバランスをとる程度になります。

フィニッシュでは上体が若干右に傾いたままでも大丈夫
です。
無理に上体を真っ直ぐさせようとする方がいらっしゃいますが、スイング中の前傾姿勢をキープするためには、フィニッシュで若干上体が右に傾いている方がスムーズにスイングできると思います。
最終的に右肩と右腰が左足に寄りますので、左足一本で立ってもバランスよく立っていられる状態になっているのが理想とされますが、フィニッシュの形を数秒間キープできていれば十分バランスのいいフィニッシュになっていると言えるでしょう。
クラブですが、左手とクラブの角度、左ヒジと左ワキの角度がそれぞれ90度になっていれば、バランスのとれた綺麗なフィニッシュになります。
クラブが地面と平行よりも、ヘッドが下がっていることが確認できればOKです。


 
 
1 基本をマスター
2 グリップの握り方
3 アドレス
4 バックスイング
5 トップスイング
6 ダウンスイング
7 インパクト
8 フィニッシュ
 
9 セットアップ
10 効き目を有効に
11 曲げない打法
12 左肩のポイント
13 アドレス・テークバック
14 調子が悪い時
 
15 アドレス
16 体重移動・腰の回転
17 制度上げの打法
18 斜面のショット
19 アプローチショット
20 バンカーショット
 
21 パッティング
22 プロのコツ
 
 23 自宅での練習
 24 シーズンオフの練習
 25 女性の練習
 26 40代以上の練習
 27 体型別(中肉中背) 
 28 体型別(背高・低い人)
 29 トップを直す
 30 シャンクを直す
 31 振り遅れを直す
 32 スライスの矯正
 33  フォーム・姿勢
 34 ボールが高く上がりすぎ
 35 スイングテンポの遅い・早い人