本文へスキップ
あなたは自信を持って狙った方向にフェースをセットできていると言えるでしょうか?100を切れていないゴルファーや、どうもドライバーが苦手だという方は、自分のセットの手順が正しいかぜひチェックしてみて下さい。せっかくのナイスショットのはずが、思わぬ方向にボールが飛んでいくことのないようにしましょう。

フェースを直角にセットアップする方法
どれだけフェースをスクエアにしたままインパクトできたとしても、そもそも狙っている方向が間違っていれば思ったところにボールは飛んでくれません。
ここでは、正しいフェースのセットアップ方法を説明します。
まず、ティグラウンドに立ったら、コース全体を見渡して狙っていく方向を決めます。打つ方向が決まったら、ボールとその方向のライン上に目印を探します。
(ボールのすぐ近くにある芝が剥げた部分や枯れ木等、目印になれば何でもOK。)そして、その目印に対してフェースが直角になるようにセットアップするのです。
フェースを目印に合わせる際は必ず両足を閉じて行います。
体の真ん中にフェースを置いて正面からチェックして下さい。フェースが目印に対して直角になっていることが確認できたら、左足→右足の順に足を開いて構えると正確にセットアップすることができます。
ぜひ試してみて下さい。

セットアップは一連の流れが重要です。
ここで紹介したやり方に100%こだわる必要はないのですが、毎回やり方を変えるのではなく、毎回同じやり方を繰り返して体に覚えさせてしまうことをおすすめします。
毎回同じ動作を繰り返すことで、自然とリズムもよくなりますよ。


 
1 基本をマスター
2 グリップの握り方
3 アドレス
4 バックスイング
5 トップスイング
6 ダウンスイング
7 インパクト
8 フィニッシュ
 
 9 セットアップ 
10 効き目を有効に
11 曲げない打法
12 左肩のポイント
 13 アドレス・テークバック
14 調子が悪い時
 
15 アドレス
16 体重移動・腰の回転
17 制度上げの打法
18 斜面のショット
19 アプローチショット
20 バンカーショット
 
21 パッティング
22 プロのコツ
 
 23 自宅での練習
 24 シーズンオフの練習
 25 女性の練習
 26 40代以上の練習
 27 体型別(中肉中背) 
 28 体型別(背高・低い人)
 29 トップを直す
 30 シャンクを直す
 31 振り遅れを直す
 32 スライスの矯正 
 33 フォーム・姿勢
 34 ボールが高く上がりすぎ 
 35 正しいスイングテンポ